2017年6月25日日曜日

セローラストラン

およそ20年乗ったセロー225WEと今回が最後の旅になりました。


この日は初夏の陽気で絶好のツーリング日和で八ヶ岳もとても綺麗に見ることができました。
今回の旅でも走っていて、改めてセローっていいバイクだなと思いました。




2017年6月15日木曜日

ジャンボカツカレートースト

千葉に行く度に立ち寄るカフェ「呂久呂」に一年ぶり行ったら、新メニュー「ジャンボカツカレートースト」が増えてました。


普通の?ジャンボカレートーストでも強烈だったにの、さらに上を行く衝撃でした。
お値段も衝撃の2000円ですが、追加カレー1回分が付いてます。
ジャンボカレートーストを食べると、いつも途中でカレーが足りないと思うので追加カレーが付いてるのは嬉しいです。



ジャンボトーストの構造と見取り図がありました、季節のトッピング「あずき」が気になります。
カレーに合うのだろうか?



トンカツと温泉卵とキャベツがカレーの海に浮かんでます。
トンカツは揚げたてのサクサクでした。



カレーもカツも美味いのですが、きれいに食べるのがとても難しいです。






2017年5月31日水曜日

白井やきそば

先日八街市に行った時に念願の「白井やきそば」を食べる事が出来ました。


今まで何度も訪れるもタイミング悪くいつもお休みで一度も食べる事ができなかった。


肉入り焼きそば(中)を食べましたが、特大を頼めば良かったと後悔しました。
やっと食べれて喜びもひとしおです。

2017年4月11日火曜日

習志野ソーセージと上野村猪豚フランク

習志野市のとあるイベントで習志野ソーセージと猪豚フランクと猪豚カレーを買ってきてもらいました。




















ソーセージとフランクは早速夕食の飯のオカズと酒のつまみとしていただきました。




習志野ソーセージは本場ドイツ伝承の味で一口食べると遠いヨーロッパを感じました。



猪豚フランクは群馬県上野村特産の猪豚を使ったフランクフルトです。
食べてみると肉の味がすごく濃く感じます。
習志野ソーセージと猪豚フランクは同じソーセージ類ですが、全く違う味わいで両者とも甲乙つけがたい美味しさでした。

なんで習志野市のイベントに群馬県上野村の特産品が売ってるのかと思い調べてみたら『健康なまちづくりにおける相互応援に関する協定』というものを締結してるそうです。


2017年3月8日水曜日

船橋のばか麺ラーメン

船橋の美松という甘味処で「ばか麺ラーメン」というラーメンを食べました。


その店は仲通り商店会というちょっとディープな感じがする商店街の中にあります。



表に掲示されてるメニューにある「特製ばか麺ラーメン」が以前からずっと気になっていました。


名前の由来は船橋に伝わる郷土芸能の「ばか面踊り」からきてるそうですが、私はそのばか面踊りを見たことがないので、このラーメンとばか面踊りがどう繋がってるのかは不明です。



具は干し桜海老、あさり、メンマ、海苔、おでんのたまご、チャーシューです。
海苔やあさりは三番瀬を思い起こし船橋らしいと思いました。
特にこのチャーシューは絶品でした。

2017年2月18日土曜日

茂木の柚子塩焼きそば


先日茂木に行った時に昼飯を食べた「食堂なかよし」です。
以前から気になっていましたが、行くたびにお休みで今回はやっと食べることができました。
この日の営業時間が12時〜13時のたったの1時間でかなりの狭き門のお店だったのです。
お店に入ってメニューを見てみるとどれも食べてみたいものばかりでしたが、ジャンボ焼き鳥定食と柚子塩焼きそばを注文しました。


串に刺した焼き鳥を想像してましたが、一枚肉の直火焼きでした。
甘辛いタレと絡んだ肉はご飯が進みます。


こちらが茂木の特産品の柚子を使った柚子塩焼きそばで、豪勢に温泉卵が乗ってます。


柚子が輪切りで焼きそばに乗っかって、ほんわかと柚子の香りが立ち登ってきます。
焼きそばは塩味なので割とあっさりかと思いましたが、意外と味は濃厚(しょっぱいわけではないです)で、ご飯が欲しくなります。
その濃厚な塩味に柚子の実をほぐして一緒に食べるととても爽やかさっぱりです。

2017年2月16日木曜日

燕ラーメン



亀戸の「らーめん潤」で昼飯を食べたましたが、ここのラーメンは新潟の燕ラーメンでした。
券売機で食券を買い店員さんに渡すと背脂の量を聞かれました。
小油・標準・中油・大油・鬼油の4段階ありますが、せっかくなので鬼油を頼んでみました。


麺もチャーシューも見えないほどの背脂の層がスープの表面を覆い尽くしてました。
岩海苔もたっぷりと油を吸い込んでかなりジューシーでした。
煮干しの効いたスープに極太麺の大量の背脂はちょっと病みつきになりそう。
今回食べた中華そばの他に二郎インスパイア系の「潤次郎」もありました。